日仏演劇協会 公式ブログ

日仏演劇協会公式ブログ le blog officiel de la Société Franco-Japonaise de Théâtre

日仏演劇協会ホームページ等のご案内

日仏演劇協会HP http://sfjth.strikingly.com/ (新しくなりました) 日仏演劇協会Blog https://sfjth-tokyo.hatenablog.com/ 日仏演劇協会Facebook https://www.facebook.com/sfjth/ 日仏演劇協会Twitter https://twitter.com/sfjtheatre日仏演劇協会の公式…

【主催講演会情報】上映会『真昼に分かつ』(渡邊守章 訳・演出)

・日時:3月24日(日)13時~17時・会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ・入場料:一般1,000円、会員・学生無料(12時30分より整理券を配布します) www.institutfrancais.jp 『真昼に分かつ』(Partage de midi)は、ポール・クローデル…

1.シンポジウム「街頭で、劇場で、舞踊の60年代――アクション/リアクション(日本とフランスの比較を通じて)」2.シルヴィアーヌ・パジェス氏来日講演会「戦後のフランスのダンス状況と1978年の舞踏ショック」

1.シンポジウム「街頭で、劇場で、舞踊の60年代――アクション/リアクション(日本とフランスの比較を通じて)」日時:2019年2月27日(水)18時〜20時30分 場所:東京大学 駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム3 予約不要・入場無料 ※パジェス氏…

TOCTOC あなたと少しだけ違う癖

NLTプロデュース!フレンチ・ヒューマンコメディの傑作がルー大柴を迎え上演! 潔癖症、反復症、汚言症、計算癖、確認強迫、左右対称強迫……93%の人間は、最低一つはTOC(行動の強迫性障害)を持っていると言われています。さて、あなたは? [公演…

『Le Père 父』(フロリアン・ゼレール 作、ラディスラス・ショラー演出)

https://www.father-stage.jp/ 作:フロリアン・ゼレール 翻訳:齋藤敦子 演出:ラディスラス・ショラー 美術:エマニュエル・ロイ 出演:橋爪功 若村麻由美 壮一帆 太田緑ロランス 吉見一豊 今井朋彦 【東京公演】 2019年2月2日(土)〜2月24日(日) 東京芸術…

「フランスは日本をどう観たか?「ジャポニスム 2018:響きあう魂」現代演劇シリーズを検証する」

https://www.jpf.go.jp/j/about/area/japonismes/2018/12-01.html?fbclid=IwAR3qoffSnn-NtkKitNGK8uukulBlYNk5cp-mIXS4UL3S02n5k2vENyREbF42018年7月よりフランス・パリを中心に開催されている大規模な複合型文化芸術イベント「ジャポニスム 2018:響きあう…

『出口なし』(KAAT)

公演日時:2019年01月25日(金)〜2019年02月03日(日) 休演日1月29日(火)会場:神奈川芸術劇場(KAAT)中スタジオ原作:ジャン=ポール・サルトル 上演台本・演出:白井晃 出演:首藤康之 中村恩恵 秋山菜津子 20世紀を代表するフランスの哲学者サルトルの戯…

風姿花伝プロデュースVol.5「女中たち」

http://www.fuusikaden.com/producevol5.html 原作:ジャン・ジュネ 翻訳:篠沢秀夫(白水社) 演出:鵜山 仁 出演:中嶋朋子 コトウロレナ 那須佐代子 日程:2018年12月9日(日)〜26日(水) 会場:シアター風姿花伝 チケット販売 先行発売開始:2018年10月13…

アンヌ=ガエール・サリオ講演会「ジャック・リヴェットの映画における身体の演劇性」(学習院大学)

身体表象文化学専攻主催/学習院大学文学会共催 アンヌ=ガエール・サリオ講演会 「ジャック・リヴェットの映画における身体の演劇性」 Le cinéma de Jacques Rivette et la théâtralité des corps日時:2018年12月13日(木)18:30〜20:00 会場:学習院大学…

SPAC「マハーバーラタ」パリ公演

https://lavillette.com/evenement/satoshi-miyagi/ 日時:2018年11月19日〜25日(22日休演) 会場:ラ・ヴィレット

ポール・クローデルの日本(日仏シンポジウム、ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウム)

【報告者】芳賀 徹(東京大学名誉教授)、ローラン・ピック(駐日フランス大使)、福井憲彦(日仏会館理事長)、渡邊守章(東京大学名誉教授)、井戸桂子(駒沢女子大学)大出 敦(慶應義塾大学)、カトリーヌ・マイヨー(セルジー・ポントワーズ大学名誉教…

百扇帖コンサート(ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウムプレ企画)

歌:マチルド・エチエンヌ(ソプラノ)、エミリアーノ・ゴンザレス・トロ(テノール) ピアノ:高橋碧伊 【曲目予定】 ダリウス・ミヨー 「東方の認識からの7つの詩」より アルチュール・オネゲル 「クローデルの3つの詩」 ルイーズ・ヴェッチ 「都都逸」よ…

『ガラスの動物園』(東京芸術祭2018・パリ東京文化タンデム)

『ガラスの動物園』|東京芸術祭2018 | プログラム | 東京芸術祭2018[ 作 ] テネシー・ウィリアムズ [ フランス語翻訳 ] イザベル・ファンション [ 演出・舞台美術 ] ダニエル・ジャンヌトー 日本人キャストでの初演から7年、新たにフランスバージ…

『ダーク・サーカス』(東京芸術祭2018・パリ東京文化タンデム)

『ダーク・サーカス』|東京芸術祭2018 | プログラム | 東京芸術祭2018[ 原作 ] ペフ [ 作・出演 ] ステレオプティック(ロマン・ベルモン、ジャン=バティスト・マイエ) 「いらっしゃい、いらっしゃい、不幸になりにいらっしゃい!」 アブないサーカス団の…

「日本における不条理劇」

名取事務所 http://www.nato.jp/ ―注文の多い料理昇降機―「ああ、それなのに、それなのに」(別役実作、眞鍋卓嗣演出) 10月20日の公演終演後に、以下のシンポジウムが予定されています。 日時:2018年10月20日(土) 会場:下北沢 小劇場B1 登壇者: 喜志哲雄…

クロード・ビュシュヴァルド講演会「上演へのアプローチ:言葉が冒険と劇になるとき」

身体表象文化学専攻主催/学習院大学文学会共催 クロード・ビュシュヴァルド講演会 「上演へのアプローチ:言葉が冒険と劇になるとき」 Approches scéniques : la langue comme odyssée et comme théâtre 俳優・演出家でパリ第8大学演劇学科准教授クロード・…

ジゼル・ヴィエンヌ/DACM『CROWD』

https://kyoto-ex.jp/2018/program/gisele-vienne/ 日時:2018年 10月6日−10月7日 会場:ロームシアター京都 サウスホール 料金: 一般 前売 \3,500/当日 \4,000 ユース・学生 前売 \3,000/当日 \3,500 高校生以下 前売・当日共に \1,000 ペア \6,500(前…

『まさに世界の終わり』(東京公演)

公演詳細 | StageGate [ステージゲート]東京公演:DDD青山クロスシアター(渋谷/表参道) 公演日程:10月13日(土)〜11月6日(火) 38歳で逝去後に注目され、フランスその他で多くの作品が上演されるジャン=リュック・ラガルス。同作のグザヴィエ・ドラン…

国際演劇祭から見るフランス演劇の現在─アヴィニョン演劇祭, 東京芸術祭2018, KYOTO EXPERIMENT 2018, Paris Festival d'Automne, etc.

【入場無料・予約不要】 日仏演劇協会公式ホームページ on Strikingly 7月に開催されたアヴィニョン演劇祭やこの秋に開催される東京芸術祭直轄プログラムでの上演作品を中心に、三人のパネリストが注目作品と演劇人について語ります。竹中香子さんには自身が…

うずめ劇場第29回公演 『フェードル』

フェードルチケット詳細はこちら! : うずめ劇場「フェードル」 作:ジャン・ラシーヌ 演出:ペーター・ゲスナー 訳:伊吹武彦(「ラシーヌ戯曲全集II」人文書院版より)会場:東京アートミュージアム(TAM)※京王線仙川駅より徒歩4分日程: 【10月】11(木) 1…

イヨネスコ『授業』(SPAC新作)

http://spac.or.jp/lesson_2018.html日時:10月6日(土)、7(日)、8日(月・祝)、13日(土)、20日(土)、21日(日)、28日(日) 各日14:00開演(※13日のみ16:00開演) 会場:静岡芸術劇場 (グランシップ内) 演出:西 悟志 共同演出:菊川朝子 作:ウジェーヌ・イヨネ…

新国立劇場「誤解」(アルベール・カミュ作)

http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011666.html 原作:アルベール・カミュ 翻訳:岩切正一郎 演出:稲葉賀恵 出演:原田美枝子 小島 聖 水橋研二 深谷美歩 小林勝也 小川絵梨子芸術監督シーズンのオープニングは、20世紀フランスの劇作家、作家…

クローデル『繻子の靴』公演DVD上映と解説(日仏文化講演シリーズ第322回加藤周一記念講演会)(ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウムプレ企画)

*当協会名誉会長・渡邊守章、事務局長・根岸徹郎が出演します。 https://www.mfjtokyo.or.jp/events/lecture/20181001.html 講師 渡邊守章(演出家、東京大学名誉教授) 司会 根岸徹郎(専修大学) 2018年10月1日(月) 18:00 - 20:30 会場:日仏会館ホール …

ゴールド・アーツ・クラブ×ノゾエ征爾『病は気から』(世界ゴールド祭2018)

《世界ゴールド祭2018》ゴールド・アーツ・クラブ『病は気から』|彩の国さいたま芸術劇場 公演日時:2018年9月29日(土)〜10月8日(月・祝)<全8公演> 会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 原作:モリエール(臨川書店刊「モリエール全集」秋山伸子訳…

カミーユ・ボワテル『間 エチュード―MA étude』

http://www.geigeki.jp/performance/theater190/日程:2018年9月28日 (金) 〜9月30日 (日) 会場:シアターイースト 構成・演出:カミーユ・ボワテル、セヴ・ベルナール 出演:カミーユ・ボワテル、セヴ・ベルナール、井原季子(笙・唄)、青木淳 フランス前…

渡邊守章講演会「『繻子の靴』の日本語での初演――翻訳家=演出家によるいくつかの重要なコンセプト―」

Création japonaise du "Soulier de satin" - Agenda - Maison de la Culture du Japon à Paris 日にち:2018年9月25日(火)18:00〜 会場:日本文化会館(パリ)

SPAC『顕れ』(フランス公演)

現代作家の作品のみを上演するフランス・コリーヌ国立劇場がシーズン開幕作を日本の劇団へ委嘱する、という前代未聞のリクエストに応じ、宮城聰=SPACが新作を発表する。扱う戯曲はアフリカ・カメルーン出身、フランス在住の女性作家レオノーラ・ミアノの衝…

バレエ・ロレーヌ公演(DANCE DANCE DANCE @YOKOHAMA 2018)

https://dance-yokohama.jp/event_landing/lorraine/日時:2018年09月16日(日)〜2018年09月17日(月) 各日15:00 会場:KAAT 神奈川芸術劇場ホール出演:国立振付センターバレエ・ロレーヌ(Centre Chorégraphique National – Ballet de Lorraine) 巨匠から新…

バレエ・ロレーヌ公演(DANCE DANCE DANCE @YOKOHAMA 2018)

https://dance-yokohama.jp/event_landing/lorraine/日時:2018年09月16日(日)〜2018年09月17日(月) 各日15:00 会場:KAAT 神奈川芸術劇場ホール出演:国立振付センターバレエ・ロレーヌ(Centre Chorégraphique National – Ballet de Lorraine) 巨匠から新…

吉田鋼太郎・黒木瞳ら出演「シラノ・ド・ベルジュラック」9月にEテレで放送

https://natalie.mu/stage/news/295152 吉田鋼太郎主演「シラノ・ド・ベルジュラック」が、9月8日にNHK Eテレで放送される。エドモン・ロスタン作の「シラノ・ド・ベルジュラック」は、17世紀中頃のフランス・パリを舞台に、剣豪シラノの生死を賭けた純愛を…